ホーム > 採用情報> FAQ 採用について

FAQ

採用について

Q1

会社資料を事前にいただくためにはどのようにすれば良いでしょうか。

A1

大変申し訳ありません。当社ではパンフレット等会社資料の事前送付は行っておりません。会社説明会の会場にて資料をお渡しいたしますので、是非説明会にご参加下さい。その他、各種合同説明会や大学学内セミナーなどで資料を配布させていただいております。


Q2

会社説明会の日程を教えてください。

A2

会社説明会は3月下旬〜を予定しております。詳細な日程・会場につきましては、エントリーをしていただいている方にご連絡をします。興味のある方は、エントリー画面より登録をお願いします。


Q3

エントリーシートの入手方法を教えてください。

A3

エントリーシートにつきましては、会社説明会に参加していただいた方に詳細をお知らせします。


Q4

求められる人物像は?

A4

人が財産となるような組織作りを進めるマキタでは、変化する企業環境において挑戦を続け企業の目的や目標を達成できるような人財を必要としています。詳しくは当ホームページ内「人材育成理念」をご覧下さい。


Q5

仕事に関する希望について上司に聞いてもらう機会はあるのでしょうか?

A5

目標設定申告書や面接の制度があり、その際にお互いの考えを出し合います。それ以外でも普段から上司に意見を言いやすい雰囲気の会社であると思います。


Q6

マキタは海外事業を積極的に展開していますが、語学力は必要ですか?

A6

事務系・技術系問わず、海外に行く機会はありますので、語学力はあれば良いでしょう。ただ、職種ごとで必要な語学力やその程度は異なりますので、会社説明会の時点で確認して下さい。ただし、語学力が合否の決め手になることはありません。選考段階では、‘マキタでの働き方をどれ程理解して、どれだけやってみたいと熱意を持っているか’です。


Q7

海外法人で働くための資質って何ですか?

A7

海外現地法人には現在約150名以上の日本人スタッフが駐在し、約10,000人の現地従業員(正社員)が働いています。駐在員の役割は、現地法人のマネージャー、アシスタントマネージャーとして法人の切り盛りをしてもらうことになります。従って、語学力以上に求められるのが営業、販売、生産技術、開発といった専門的技能、そして組織をマネジメントしていく力です。

また「日本できちんと仕事ができれば海外で充分やれる」ということがよく言われます。


Q8

配属はどのように決定されますか?

A8

マキタでは、職種別の採用を実施しています。それは、説明会・選考段階から全て職種別となっており、会社が配属を決定するわけではなく、皆さん自身が仕事内容を理解した上でご応募していただきますようお願い致します。つまり内定時点においては、「マキタの内定者」ではなく「マキタ国内営業職の内定者」や「マキタ技術職の内定者」となるわけです。


Q9

新入社員研修について教えてください。

A9

4月の第1週から約1週間の研修が予定されております。新入社員研修においては、社会人としてのマナーやマキタでの基礎知識を中心の座学だけでなく、グループメンバー同士で課題を解決していく体験型のプログラムも用意しております。

新入社員研修後は、各配属先での研修となります。

国内営業職:営業フォロー研修(6月・12月)

海外営業職:工場研修、国内営業所研修、営業フォロー研修

開発技術職:工場研修ほか

生産技術職:工場研修ほか