ホーム > 採用情報 > 職場紹介・若手社員紹介 > 開発技術部門 > 電装技術部

職場紹介・若手社員紹介

電装技術部

 

現在の仕事内容

電動工具の制御をしている「コントローラ」という部品に組み込まれるソフトウェア開発をしています。人間の体に例えると「頭脳」と同じです。「動かす」「止める」といった製品の動きを仕様通りに動作させることが仕事です。

仕事のやりがいと面白さ

自分の仕事のアウトプットが、直接「製品の動き」として表れることがとても面白いです。製品開発では、開発関係者と何回も試行錯誤や製品の動作確認を行います。自分の作ったソフトウェアを製品に組込み、実際にその動きを確かめながらモノづくりを進められることが大きなやりがいです。

仕事に求められる能力

基本的な電気回路の知識も必要ですが、何よりも「問題に対するアプローチ」や「考え方」がとても重要な能力だと思います。又、理系の学生は(自分も含めて)文章を書くことが苦手と言われますが、正確に意味の伝わる文章を書くことがとても大切です。

新入社員時のエピソード

製品開発において、あらゆる使用場面の想定はとても重要です。とりわけ雨の中でも使用できる草刈機の開発試験をしたことをよく覚えています。測定器やパソコンの防水対策などにとても苦労しましたし、カッパを着ながらパソコンを操作したのは人生で初めてでした。過酷な経験は最初で最後であることを祈りたいです(笑)。

職場の雰囲気

仕事の悩みや、プライベートの話などを気軽に相談できる職場です。無言でパソコンに向かって作業をし続ける、といったドラマのような職場とは全く雰囲気が違い、お互いにコミュニケーションを取りながら仕事をしています。

他社にないマキタの魅力

製品の規模が小さいので、製品のほぼ全ての工程に関われることです。製品の規模が大きくなればなるほど「自分は何を作っているのか?」ということが分からなくなります。マキタではそういったことが無く、「自分は●●を作った」という実感を持てることが大きな魅力です。

仕事以外の過ごし方

同期と過ごすことが多いです。フットサル・旅行・スポーツ観戦などをしています。会社全体に仲間思いの人が多いこともマキタの魅力だと思います。

学生へのメッセージ

マキタという会社は国内だけでなく、海外にも高いシェアを誇る会社です。つまり、競合他社は世界中に存在します。世界中を圧倒する製品開発に挑戦でき、広いスケールでモノづくりができる会社がマキタです。

今後の目標

世界のライバルメーカと戦う為には「各国の情報」が必要です。今の私には、各国の文化・環境に関する知識や他社の情報など、まだまだ足りない知識がたくさんあります。そういった知識を身に付け、「他社を圧倒するような製品」を作り上げていくことが今の目標です。
* 取材時の所属のため、異動している社員もいます。
職場紹介インデックスへ戻る 開発技術部門へ戻る 『世の中の役に立つ製品を作りたい』 世界中で活躍する製品を開発する設計者になる! 自分の提案を盛り込んだ新しい製品を作りたい