ホーム > 採用情報 > 職場紹介・若手社員紹介 > 開発技術部門 > OPE第1開発部第43G

職場紹介・若手社員紹介

OPE第1開発部

 

現在の仕事内容

私の所属する部署では主に電動の園芸工具の新製品開発を行っており、現在は電動草刈機を設計開発する仕事をしています。製品構想から量産までの業務を関連部署と連携を取りながら仕事を進めています。製品設計、図面作成等の開発業務の他に、外部にてユーザーと同じ環境を想定して実用試験を行うことも多くあります。

仕事のやりがいと面白さ

1つの製品に対してグループ内でチームを組んで開発に取り組むため、自身の設計を多く反映させることができます。うまくいかないこともありますが、その度に試行錯誤し、製品として量産できたときには大きなやりがいを感じます。特に自分が初めて開発した製品が形になった時は感動したのを覚えています。

仕事に求められる能力

仕事のQCD(質、コスト、納期)を常に意識して、達成目標に対して最善の道筋を立て実行できる能力です。仕事は様々な業務を並行して行います。そのため、仕事の納期に対して必要な質と時間を見積り、優先度と重要度を考えて取り組む仕事を決め、達成目標に対して必要な工程を洗い出し効率よく取り組むことが重要です。

新入社員時のエピソード

与えられた仕事の目的を理解せずに仕事に取り組み、先輩に「何も考えずに仕事をするだけなら誰にでもできる」と言われ、自分が設計者として入社したことの意味を理解できていないことに気付かされました。与えられた仕事の目的を捉え、目標に対して必要な工程を立てて効率よく業務を行うことが重要であることを学びました。

職場の雰囲気

開発部は同じ部署の方との交流はもちろん、関連部署と連携を取ることが多くありますが、どの部署の方も自分が間違ったことをした時は厳しく指導してくださり、わからないことは懇切丁寧に教えて頂けます。時には冗談を言い合いながら仕事を進められるため、仕事がやりやすい職場だと思います。

他社にないマキタの魅力

若い時からでも責任を持って大きな仕事に取り組める点です。開発部を例にあげると、新製品開発は設計者が主担当となり開発を進めるため、自分の考えを大いに反映することができます。また、自分の行動一つ一つが製品に大きく影響を与えるため、責任とやりがいを感じて仕事に取り組むことができます。

仕事以外の過ごし方

友人と野球やスノーボードなどスポーツをすることが多いです。スポーツで汗をかいたあとに、銭湯に行き焼き肉を食べるのが定番になっています。また、旅行に行くことも増えました。その土地ならではの景色や名物、文化を楽しむとともに、マキタの製品が使われていないかを探しすのも楽しみの一つになりました。

学生へのメッセージ

学生生活では自由に使える時間が多くあると思います。その時間を如何に有意義に使えるかは皆さん次第です。明確な目的・目標を持って有効活用すれば、その時間はいずれ大きな財産になると思います。社会人になった後に、「あの時こうしていれば良かった」と思い残すことがないように、学生生活を過ごして下さい。

今後の目標

園芸工具は電動工具に比べ、今後の発展が大いに期待されている分野です。「電動工具のマキタ」だけではなく「電動工具・園芸工具のマキタ」とも呼ばれるように、ユーザが魅力的に感じる製品を開発できるよう尽力していきます。
* 取材時の所属のため、異動している社員もいます。
職場紹介インデックスへ戻る 開発技術部門へ戻る 『世の中の役に立つ製品を作りたい』 ソフトウェアで世界に挑戦! 自分の提案を盛り込んだ新しい製品を作りたい