ホーム > 採用情報 > 職場紹介・若手社員紹介 > 購買部門 > OEMアクセサリー部

職場紹介・若手社員紹介

OEMアクセサリー部

 

現在の仕事内容

電動工具の先につける鋸刃やビットといった先端消耗品の事を社内では”アクセサリー”と呼びます。このアクセサリーを社外から「調達」し、営業が売りやすいように「販売支援」をする事が仕事です。良いアクセサリーを調達する為には、国内・海外の取引先から、いかに情報を入手し、協力して貰えるかが鍵を握ります。

仕事のやりがいと面白さ

自分の頑張り次第で、新しいアイテムをどんどん企画して市場に出す事ができます。またその新しいアイテムがどのくらい売れたのかがすぐに分かります。自分でいろいろなアイテムを企画できる事は面白いですし、市場に出したアイテムがたくさん売れてユーザーからの評判が良い時は非常にやりがいを感じます。

仕事に求められる能力

コミュニケーション能力だと思います。自分の依頼で取引先様や他部署に動いて貰う事が多いです。その際には、依頼事項の背景・目的・指示内容をシンプルに分かりやすく伝え、納得して貰う事が重要です。自分が伝えたつもりでも相手の納得されなければ、求める結果が得られず、労力を無駄にしてしまうので気を付けています。

新入社員時のエピソード

小心者なので失敗が恐く、些細なメールでも上司にチェックを求めていました。ある時「このくらい自分で考えて出せ。失敗してもいいから」と言われ、イラッとしてその後しばらく上司のチェック無しでメールを出し続けました。結果、問題無くメールのやり取りができて自信になり、自分で判断する事を学んだのを覚えています。

職場の雰囲気

近年は毎年のように続々と新入社員が入ってきており、若手の割合が多いです。忙しくてピリピリしてしまう時もありますが、基本的には馬鹿な冗談も言えて楽しい職場です。先輩や、必要であれば部長にだって気軽に相談できるオープンな環境ですし、しっかり考えて物おじせずに発言すれば自分の意見が採用される率が高いです。

他社にないマキタの魅力

営業力の強さです。実際に自分が企画して紹介した新しいアイテムが国内・海外問わずどんどん売れて行くのを見てマキタの販売網の強さ、「営業力」を実感します。アクセサリーを調達している取引先からの協力が得られるのも、このマキタの営業力への信頼があるからこそだと思います。

仕事以外の過ごし方

1歳になった息子のお守が日課です。沢山遊んであげると妻が抱っこしようとしても泣いて離れたがらないので可愛いものです。土曜日はベビースイミングスクールに行って一緒にプールに入って癒されています。プールから帰ってご飯を食べたら私は疲れて眠いのですが、息子はまだ元気で遊べと言ってくるのでもうヘトヘトです。

学生へのメッセージ

学生時代にはいろんな経験ができるチャンスがありますが、何か1つでも「これはやり切った」と思える事を作って下さい。研究でもバイトでもサークルでも何でも良いです。学生時代に本気でやり抜いた事があれば、就活時の自己アピールになりますし、何より今後の人生の糧となります。かけがえの無い時間をどうか大切に。

今後の目標

今は海外販売会社や取引先からの情報を日本で収集する事で、新しいアイテムを企画しています。将来的には自分が海外を飛び回り、実際に現場調査をして、新アイテム企画に繋げるような仕事がしたいです。その為に、幅広いアイテム知識を身に付けて「アクセサリーの事なら何でも聞いて!」という状態になる事を目指しています。
* 取材時の所属のため、異動している社員もいます。
職場紹介インデックスへ戻る 購買部門へ戻る 誰に対しても真摯に、誠実に。