ホーム > 採用情報 > 職場紹介・若手社員紹介 > 生産技術部門 > 量産設計部

職場紹介・若手社員紹介

量産設計部

 

現在の仕事内容

鉄・アルミなど加工部品の内外製を含めた、調達技術支援を行っています。製品設計段階より、開発へ量産性を考慮した部品形状の提案と、取引先の加工工程確認を行い、工程に問題がある場合は、工程指導を行っています。開発・購買・品証・品管などの社内部署、社外の取引先と協力し、部品のQCD向上を図っています。

仕事のやりがいと面白さ

マキタは部品の8割以上を取引先より調達しているため、海外工場を含め取引先とのやりとりが多く、実際に取引先の製造現場に行き、社内では行っていない工程、モノづくりを見ることができます。問題発生時は、その場で工程変更を判断し、解決したときは達成感があります。

仕事に求められる能力

「コミュニケーション能力」に尽きると思います。開発・購買など他部署との打合せが多く、時には自部署の意見を押し通す力も必要になります。また、海外工場とも電話やWEB会議でのやり取りがあり、立場や役職に臆さず人と話す能力が必要です。技術的な知識は、入社後仕事の経験を通して身に付けていけば良いと思います。

新入社員時のエピソード

入社時は社会人としてのマナーを全く理解していなかったため、服装や髪型など身なりに関してかなり怒られました。また設計ミスや治具破損など多くの迷惑をかけましたが、周りの方の温かいご指導のおかげで、社会人としても技術者としても成長することができています。

職場の雰囲気

上司・先輩・後輩と色々相談しやすい環境だと思います。他部門の人も気軽に相談でき、社内的に風通しはいいと感じます。若いうちから担当を任せられることが多いですが、分からないことは積極的に相談し、自部署や他部署の人々の協力を得ることで、成し遂げられると思います。

他社にないマキタの魅力

東海地方は自動車産業の会社が多く、完成品メーカーからの図面指示に従い製造する会社が多いですが、マキタでは製品の設計から製造までを一貫して行っているため、製造工程に合わせて図面の変更提案を容易に行うことができます。そのため、生産サイドであっても、製品図面の作りこみが行えることが魅力であると考えています。

仕事以外の過ごし方

平日休日のオンオフを切り替えるようにしており、社外の情報・知見を得るため、大学時代の友人と飲みに行ったりしています。最近は友人の家族と一緒にバーベキューをする機会も多々あり、周りがみな結婚している状況に、自分もそろそろ結婚したいと思うようになりました。

学生へのメッセージ

何か1つでも熱中して取り組めることを作ってください。私は学生時代、バンド活動に注力しました。1日10時間スタジオに入ることもあり、熱中するあまり留年もしました。しかし、その時の経験が自分の自信になっています。これだけは誰にも負けないくらい頑張ってきたと胸を張れるものを見つけてください。

今後の目標

海外工場には必ず日本人の出向者がおり、部品調達を行っています。私も海外工場の取引先に行き、調達の最前線で技術支援を行いたいと考えています。調達最前線で国や文化、設備の情報を吸い上げ、各々の国に合わせた、部品形状の提案を行えるようになりたいと考えています。
* 取材時の所属のため、異動している社員もいます。
職場紹介インデックスへ戻る 生産技術部門へ戻る 世界の工場が仕事仲間!!
海外でも活躍できる技術者を目指しています。 きっとできる、できるまでやる。