ホーム > 採用情報 > 職場紹介・若手社員紹介 > 生産技術部門 > 生産技術部

職場紹介・若手社員紹介

生産技術部

 

現在の仕事内容

電動工具の心臓部となるモータ工程を担当しています。モータはマキタ社内で設計から生産までを行っており、生産技術部ではモータの設計段階から関わっています。ライバル他社に勝てる製品仕様を目指し、量産においてもQCDをより向上させる製造工法開発や製造ライン開発、量産化を担っています。

仕事のやりがいと面白さ

自分の行った業務の出力が、すぐに分かることがやりがいになっています。導入した設備が量産現場で確認でき、良くも悪くも自分に返ってきます。製品のコストダウンや、品質へ直結する仕事に携わるなかで、ものすごく高い壁にぶち当たることもありますが、その壁が高いほど乗り越えたときは気持ちいいです。

仕事に求められる能力

これまで経験したことのない分野に対しても臆することなくチャレンジする気持ちが大切です。仕事は、”初めて”の連続です。やったことがないからやらないのではなく、やってみようと気持ちを切り替え、成功させるために何を準備するかを考え、行動することが求められます。

新入社員時のエピソード

新入社員の時には、大学で学んだ知識はまったくと言っていいほど役に立ちませんでしたが、周りの先輩が時間を割いてしっかりと教育してくれました。やれることが増えていく喜びと、やれないことに気づかされ焦る思いが入り混じる中、がむしゃらに業務を行っていました。当時の成功も失敗も今の財産になっています。

職場の雰囲気

入社年に関わらず、疑問点があればすぐに誰にでも相談ができる雰囲気です。専門性の高い分野も多いため、誰にでも相談ができるという雰囲気は仕事を進める上で非常に重要なポイントだと思います。また、仕事外でのコミュニケーションも多く、働きやすい職場だと思います。

他社にないマキタの魅力

新製品の市場投入を積極的に行うため、早期から新製品を担当させてもらえ、業務の中で自分を高められる会社だと思います。自分が担当した製品が店頭に並ぶ姿は感動的であり、完成品メーカーのマキタの魅力の1つです。若手の教育に関してもしっかりとしたカリキュラムが組まれており、部署を超えた教育体制も整っています。

仕事以外の過ごし方

季節感を大切にし、春は花見やピクニック、夏はバーベキュー、秋は芸術にもってこいなので風景画を描いたり、美術館に行ったりし、冬はコタツでみかんを食べます。休日はなるべく仕事のことを考えず、リフレッシュし、休み明けに全開の状態で仕事に臨めるよう心掛けています。

学生へのメッセージ

社会に出るまでに、人に話せるエピソードをできる限り増やして下さい。夢中になってやったことや、がんばった体験、人を笑わせる話など、そのすべての体験がみなさんの財産になるばずです。まわりにはたくさんのワクワクが溢れています。何事も決めつけずに前向きに取り組んで下さい。

今後の目標

マキタが世の中の技術進歩に後れを取らないよう、新技術開発を常に意識し、5年後、10年後により飛躍させられる人材を目指していきます。製造業はめまぐるしい速度で技術進歩していきます。その技術進歩から目を離せば出遅れます。閉鎖的にならず、社外に視点を持った技術者になれるよう業務に励んでいきます。
* 取材時の所属のため、異動している社員もいます。
職場紹介インデックスへ戻る 生産技術部門へ戻る 世界の工場が仕事仲間!!海外でも活躍できる技術者を目指しています。 世界のフィールドで部品調達部隊の司令塔