ホーム > 採用情報 > 職場紹介・若手社員紹介 > 総務部門 > 法務課

職場紹介・若手社員紹介

法務課

 

現在の仕事内容

マキタの各部署が滞りなく業務を行えるよう、契約書審査や法律相談対応、コンプライアンス制度の構築等の法的なサポートをしています。その過程で実務担当者と打ち合わせを重ねたり、法令調査のための文献にあたったりを繰り返しています。また、季節的な仕事として株主総会の招集通知の作成等もしています。

仕事のやりがいと面白さ

社内の関係部署との打ち合わせや相手方との交渉のたびに何度も書き直した契約書案が、ついに代表者のサイン入りの契約書になったときには大きな達成感がありました。このように、仕事を通じて社内の色々な部署の人や実務に関わっていけることが法務課の仕事の醍醐味だと思います。

仕事に求められる能力

法令や社内の実務は日々変化していくので、これらに迅速に対応できるよう普段から基礎体力作りに励むことが求められていると思います。具体的には、ある案件から得た経験のうち他の案件にも共通する部分を一般化して次の仕事に生かす能力や読解力・語学力等の情報収集能力が必要だと感じます。

新入社員時のエピソード

中途採用の入社初日に一番びっくりしたのは、一緒にお昼ご飯を食べてくれる同世代の女性社員が決まっていたことです。同期と呼べる友人がいない私のことを心配して、上司があらかじめ声掛けをしていてくれたようです。そのおかげで会社に早く馴染むことができましたし、今でも充実したお昼休みを満喫しています。

職場の雰囲気

法律関係の部署というと堅苦しい人ばかりのイメージかもしれませんが、意外にも「法務らしく」ない面白い人が多いです。また、比較的少人数かつ課員の年齢層がまとまっているので和気藹々とした雰囲気です。他方で、根が真面目で自己研さんを怠らない人ばかりなので、自然と自分も勉強しよう、という気持ちになります。

他社にないマキタの魅力

他社の法務部門では課員ごとに担当部署が区分けされたり、やりとりがメールだけだったり、という話も聞きます。しかし、マキタでは課員全員が色々な部署の案件を担当しますし、現場担当者と直接会って話をすることも多いです。このように質・量ともに現場との関わりが深いところがマキタの魅力だと思います。

仕事以外の過ごし方

料理教室やゴルフのレッスンに通ったり、一人暮らしの家事をしつつ家でのんびりしたり、気になっている本を読んだりと好き勝手にしています。最近は、何気なく新聞を読んでいるときに思いがけず仕事関係の記事に出くわすのが面白くて、新聞購読が趣味になりつつあります。

学生へのメッセージ

法務課の仕事をしていると、一見企業法務とは無関係な知識が意外なところで役に立つことがあり、学生時代にもっと幅広く勉強しておけば良かったな、と思うことがあります。将来に関係なさそうなことでも長い会社生活のなかで日の目を見る機会があるかもしれないので、ぜひ興味を持って励んでみてください。

今後の目標

スペシャリストからゼネラリストになるのが今後の目標です。マキタの事業活動の全域で法的サポートができるよう、各部署の実務について知識を深めていきたいと思っています。手始めに、パソコン関係の本を読んでシステム系の実務の話についていけるようにしたいです。
* 取材時の所属のため、異動している社員もいます。
職場紹介インデックスへ戻る 総務部門へ戻る