ホーム > 企業情報 > 環境への取り組み > 製品の環境技術 > リチウムイオンシリーズ

リチウムイオンシリーズ


リチウムイオンバッテリはエネルギー密度が高く、また自己放電が少ないなど優れた特徴を有しており、小型軽量でエネルギー効率の良いバッテリです。
また、リチウムイオンバッテリとマキタ独自の最適充電システムでは、急速充電とバッテリの長寿命を実現しています。最適充電システムはバッテリと充電器にそれぞれ搭載したICチップによる通信機能により、バッテリの使用状況に合わせた最適な充電方法を選択します。さらに、冷却ファンのついた充電器は、バッテリのセルを均等に冷却するため、充電時間が短縮されるとともにバッテリ寿命が延びます。

バッテリ寿命までの総作業量 約3.3倍! (差込み式バッテリ比)

バッテリ搭載のメモリチップが使用履歴を記憶。充電時にこの履歴を充電器にデジタル通信し、バッテリの状態(高温、満充電後の再充電、過放電など)を判断。最適な方法と時間で充電します。



強制冷却で「快速」充電!

冷却構造により高温のバッテリでも強制冷却し、充電待機時間を大幅に短縮。短時間で充電します。また充電中、充電後にバッテリが高温になりにくいので寿命も向上します。

強制冷却で「快速」充電!

質量が軽いリチウムイオンバッテリのセルを効率よくつなげ、本数を減らす事で、高容量ながら小型・軽量を実現しました。