ホーム > 企業情報 > 環境への取り組み > 製品の環境技術 > マキタミニ4ストロークエンジン

マキタミニ4ストロークエンジン


マキタミニ4ストロークエンジンは2ストロークエンジン並みの小型・高出力と、4ストロークならではの低燃費・クリーン排出ガスを両立させた、小型4ストロークエンジンです。有害排出ガス〔HC(炭化水素)+NOX(窒素酸化物)〕の排出値を2ストロークエンジンに対して約90%カットし、欧米の厳しい排出ガス規制数値を大幅にクリアしています。

有害排出ガスを大幅にカット

4ストロークエンジンは、HC+NOX:27g/kWhを実現
〔米国(CARBU,EPAU)の規制をクリア〕
2ストロークエンジンに対して有害排出ガスを、約90%カット
層状排気2ストロークエンジンに対して有害排出ガスを、約50%カット

経済性

当社比較テストでは、マキタの4ストロークエンジンは、同等の2ストロークエンジン刈払機に比べ、燃料+オイル代が年間で、約48%お得です。
(年間100時間使用の場合、ガソリン125円/L:排気量24.5mLでの比較)

優れた機能性

低騒音

公園や住宅地域などの静かな所でも、気兼ねなく作業することができます

軽量、コンパクト

独自の潤滑システムを使うことにより、クラス最小サイズの4ストロークエンジンとなっています。また、マグネシウム合金を採用することにより、クラス最軽量を実現しています。