ホーム > 企業情報 > サステナビリティ > 事業の土台を担うサステナビリティ

事業の土台を担うサステナビリティ

環境(E)

当社は、環境保全活動を経営の重点課題の一つとして捉え、1998年に「環境方針」を制定しました。
環境方針に掲げる理念と方針を基に環境マネジメント推進体制を構築し、環境へ配慮した企業活動を推進しています。近年では、環境問題の中でも特に気候変動対応や使い捨てプラスチック削減を重要なテーマとして環境保全活動に取り組んでおります。

詳細はこちら

サステナビリティ基本方針


社会(S)

当社は、将来を担う人財の育成に積極的に取り組むとともに、人権の尊重の徹底やCSR調達の推進など責任あるグローバル企業としての責務を果たし、社会とともに成長していくことをめざします。

詳細はこちら

会社(S)


ガバナンス(G)

当社は企業価値を向上させて、株主の皆さまをはじめとするステークホルダーからの信頼に応えられるよう、コーポレート・ガバナンスの強化・充実に努めております。

詳細はこちら

会社(S)