非財務情報(ESG)

環境への取り組み

環境ビジョン

Go Green には、工具のグローバルサプライヤーとして、新しい価値を提供し続けるというマキタの思いが込められています。常に社会を見つめ、環境と経済の融合による「持続可能な循環型社会」の発展に向け、チャレンジしていく企業であり続けたいと思います。

環境方針

当社は、環境についての理念と方針を1998年に『環境方針』として制定し、それを基に環境保全活動に取り組んでいます。

基本理念

マキタは「人の暮らしと住まい作りに役立つ工具のグローバルサプライヤー」として、持続可能な社会の実現及び生物多様性の保全に貢献するため、幅広い地球環境保全活動に取り組む。

方針

1.組織の整備
  • 地球環境への影響に配慮した事業活動を行うために、グローバルな活動が出来る組織を整備する。
2.継続的改善と汚染予防
  • 環境保全活動の質の継続的な改善及び汚染の予防を図る。
3.法令順守
  • 環境関連の法律、規制、協定などを順守し、さらに当社が定めた自主基準で環境保全に取り組む。
4.目的・目標の設定と見直し
  • 事業活動が環境に与える影響を的確に捉え、技術的・経済的に可能な範囲で環境目的・目標を定め、見直しを行う。
5.環境負荷軽減
  • 環境負荷を軽減し、次の活動を積極的に推進する。
    ・資源及び消費エネルギーの抑制により、温室効果ガス(CO₂)排出量の低減を図る。
    ・廃棄物の削減及びリサイクルを推進する。
    ・環境負荷物質の代替物質への転換・排出抑制を促進する。
    ・開発設計段階において、製品アセスメントを実施し、環境に配慮した製品開発を行う。
6.周知と公開
  • 社内広報活動などで、職場で働く人又は当社の為に働く全ての人に環境方針の周知を図ると共に、社外へ積極的に公開する。

環境配慮設計について

マキタの環境配慮製品の考え方は、1992年の製品に対するアセスメントに端を発し、1993年のマキタ地球環境憲章の策定とともに本格的にスタートしました。製品におけるエネルギー効率の改善や、軽量化、製品寿命の延長、また環境に配慮した材料を使用し、再資源化が可能な製品の開発、製造、販売を行っています。

地球温暖化防止に対する貢献

マキタは、1993年に「マキタ地球環境憲章」を策定して環境問題の改善に取り組んでおり、近年では特に地球温暖化防止を目的としたCO2排出量の削減に力を注いでいます。
CO2排出量の削減では、2006年に独自の長期目標「CO2排出量の売上高原単位を2010年度までに2000年度比21%以上削減する」を掲げ、これを達成しました。2013年度からは、電機・電子業界の低炭素社会実行計画に準じた長期目標(事業者全体のエネルギー消費原単位を2020年度までに2012年度基準で7.73%以上削減する。)に基づき、エネルギー使用量の削減を通じた地球温暖化防止に全力で取り組んでいます。
2017年度も、LED照明の導入、空調機およびコンプレッサの更新などの省エネルギー化に取り組み、CO2排出量、原単位ともに減少しました。また、省エネ推進資料の社内公開、オフィス・工場内の省エネ状況の定期パトロールも実施しています。

マキタの廃棄物ゼロエミッションについて

マキタでは将来的なエネルギー資源の枯渇や最終処分場の逼迫といったグローバルな社会課題に対し、これまでにも事業活動を通じて環境保全に尽力してきました。最終処分量削減については、2006年度以降、国内において最終処分量を総排出量の1%以下を達成しています。なお、2014年度からは、“最終処分率0.5%以下”を当社の「廃棄物ゼロエミッション」の定義として活動を継続しています。
これからも事業活動を通じたあらゆる工夫によって、環境保全において必要不可欠 な要素と考え、社会的使命を果たしていきます。

化学物質削減について

当社は、欧州のREACH(化学物質の登録、評価、認可、制限に関する規則)に関し、2009年度より高懸念物質(SVHC)の含有情報を調査、管理、情報提供するなど、REACHに対応した部品調達を進めています。
また、欧州のEU加盟国で施行されているRoHS指令(電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令)に対応した部品調達も継続して実施しています。