経営方針

社長メッセージ

マキタは1915年の創業以来、現場主義を貫いてお客様が求める製品・サービスの提供に尽力してきました。100年を超える歴史を重ねた今もこの精神は変わっていません。ここまで事業活動を拡大することができたのは、世界中のお客さまをはじめ、取引先様や関係する皆様のご支援・ご協力のおかげです。
現在、マキタは充電製品を軸として、環境問題をはじめとした社会課題の解決を通じた成長を実現すべく、電動工具のみならず園芸用機器、清掃・アウトドア製品を含めた「充電製品の総合サプライヤー」への進化に取り組んでいます。業界をリードするバッテリ充放電技術とモータ技術を活かし、ありとあらゆる製品で充電化(コードレス化・脱エンジン)を推進することで、お客さまの安全性・利便性・快適性の向上、排ガス・騒音・燃料消費の低減などに寄与していきます。また、サービス面でも進化を続けます。世界各地に築いている販売・サービス拠点網が当社の大きな強みであり、迅速な物流・修理といったサービス体制をより一層強化していくことで、世界各地の作業現場と地球環境への負荷軽減に貢献していきます。
今後マキタが重点的に取り組んでいくのは環境問題への対応です。使用時の排ガスがゼロの充電式園芸用機器へ注力していくとともに、再生可能エネルギーの活用や省エネルギー活動等を通して脱炭素社会の実現に貢献します。さらに、当社製品の包装等に使用される使い捨てプラスチックを削減する脱プラスチックも引き続き推進するなど、皆様の生活においてなくてはならない企業であり続けるよう努めてまいります。
マキタは、いかなる経営環境のもとでも永続していくために、その事業対象をモータから電動工具に転換させたように、今後も様々な新しい挑戦に取り組んでまいります。当社が掲げる「社会と共に生きる経営」、「お客さまを大切にする経営」、「堅実かつ積極的な経営」、「質実剛健の社風を大切にし、一人ひとりの能力を活かす経営」を根幹として、企業活動を通じ持続可能な社会の実現に貢献し、当社の長期目標である「Strong Company」の実現を目指します。

2021年9月

取締役社長

関連リンク
  • 事業戦略