ホーム > 採用情報 > キャリア採用 > 愛知県・安城市の魅力

愛知県・安城市の魅力

愛知県と安城市・日進市の魅力

東京や大阪に住んでいる転職希望者の皆さんは、愛知県に来られたことはありますか?
自動車産業を頂点とした工業県で、暮らしやすさという言葉がピンと来ないかもしれません。
東洋経済新報社の発表による、2013年の「全国住み良さ都市ランキングベスト50」で、
愛知県はベスト50に5市が入り、本社のある安城市は全国第54位でした。また、当社OPE開発部
(OPE開発部)の拠点事業所の所在地である愛知県日進市は、全国第12位でした。


愛知県

地理的には、日本列島の中央に位置し、昔から交通の便も良く、
濃尾平野の肥沃な土地から農作物も豊富です。木曽・長良・揖斐の三大河川という良質で豊富な水源を持ち、そして三河湾からは近海魚が獲れ、食材的には大変恵まれています。
伊勢湾のクルマエビ、あなご、三河一色のうなぎ、日間賀島のたこ、三河湾のふぐ、西尾市の抹茶など、いずれも最高級品揃いです。休日においては、海・山のレジャーも近場で楽しむことが出来ます。


マキタ本社の位置する安城市

2013年度全国住み良さランキングで安城市は全54位(愛知県で6位)でした。安城市は人口18万ですが、大きな病院が2つもあります。毎年夏に開催される安城七夕祭りは、"日本3大七夕祭り"に数えられることもある有名なお祭りで、安城市は情緒豊かな都市です。


関東からの転勤者インタビュー

  • 通勤電車が首都圏の電車ほどひどく混まないので、転勤者には快適な通勤に感じられます。
  • 病院、幼稚園などが人口割合では、よく整備されていると実感しています。
  • 高速道路が整備され、流石に車王国の愛知県であると実感しています。
  • 歴史の資料館、史跡などが数多く、愛好家には、恵まれた環境です。
  • 子供を転入させた親としては、教育熱心な環境であると実感しています。
  • 住みやすい地域、環境であることは、日本の都道府県の中でもトップクラスと思います。

安城市に長年住んでいる人の声

  • どこへ出掛けるのも、鉄道でも飛行機でも車でも、とても便利です。
  • 商業施設だけでなく、年間50万人前後が来訪する「デンパーク」という市民公園など、子供連れの憩いの場もとても充実しています。
  • 気候が良い土地柄です。海から少し離れた平野部で、水害等が非常に少ない地域です。

日進市の魅力

  • 名古屋市に隣接した、子育て世代に人気のある緑豊かなベッドタウンです。
  • 市中心部から半径5kmに高速道路のICが3〜4ヶ所もあり、車での移動に最適な立地と思います。
  • 愛知万博会場に近く、子供連れレジャーに適した地域です。
  • 大学も多く、「あいち学術研究開発ゾーン」の中心に位置します。