ホーム > 採用情報 > キャリア採用 >転職者インタビュー > 情報システム部 システム開発2課 K・Tさん

電装技術部

情報システム部 システム開発2課 K・Tさん

 

今担当している仕事は何ですか?

主にアジアの海外販売会社の基幹システムの導入・開発・保守を担当しています。海外販売会社の担当者へのシステム教育を行った上で、要望のヒアリングから設計、テストまで、導入に必要な全ての業務を担当します。 担当している国ごとに商習慣、税制が異なるため、それぞれに対応したシステムを提供することが求められます。導入の際には、現地に出張して作業することもあります。

仕事のやりがいは感じますか?

マキタの情報システム部門はマキタで使用するハードウェア、ソフトウェア全般を担当しているため、一人一人の担う仕事が大きく、責任が大きい分だけ仕事に対するやりがいも感じることができます。

マキタの魅力はどんな所にあると思いますか?

所謂ユーザー企業の情報システム部門においては、開発委託業者のマネジメント業務が中心でシステム構築は行わないケースもありますが、マキタの情報システム部門は基本的に内製でシステム構築を行っています。 IT専業でない企業にいながらも、システム構築に深く携わることができることがマキタの情報システム部門の魅力だと感じています。

前職との仕事の違いに戸惑いはなかったですか?

前職ではチームで作業することが多かったので細かく分業された業務を担当していました。それに対し、マキタで幅広い工程を担当するため、一人一人の業務範囲の広さに戸惑いました。私は前職ではハードウェア選定の経験がなかったため、周囲の有識者に教えてもらいながらの作業となり苦労しましたが、未経験の業務に携わることで学ぶ機会が多いと感じています。

マキタに転職して良かった点は何ですか?

マキタは生産、販売ともに海外での比率が高く、グローバルな環境で仕事をする機会が多いため、多種多様な文化・考え方のビジネスパーソンと仕事を行うことができる点に魅力を感じています。 また、社内SEという立場ならではの、エンドユーザーと対等な立場で長期にわたる関係を構築できる点も魅力です。

前職の経験が生かせますか?

私はIT技術者として入社したので、前職で得たIT技術に関する知識を直接活かすことができました。 現在の業務ではマキタの海外販売会社の業務に関する知識が強く求められています。海外販売会社の業務については学ぶことが多いものの、業務を理解する上では前職で培ったシステム構築の経験が活きています。

転職希望者に伝えたいことは何ですか?

転職によって環境を変えることはチャレンジで、多かれ少なかれ学ぶことがあり、慣れるまでは大変だと思います。 その一方で前職の経験を生かして、在職者に新たな価値観を提供することは転職者だからこそできることです。 マキタには転職者の考え、経験を受け入れてくれる風土があり、転職者にとって働きやすい環境です。

マキタに入ってから何かエピソードはありますか?

前職では慰安会の制度がなかったため、部署ごとに企画して出かけることが新鮮でした。
通常は東海3県の近場が多いのですが、初めて参加した年は京都まで足を伸ばしたことに驚きました。 実際に参加すると多くの部員が楽しんでいて、慰安会がコミュニケーションをとる良い場だと知りました。

マキタでどんな技術者になりたいですか?

マキタはグローバルに展開している企業で、その展開速度は加速しています。増加している海外販売会社をより幅広くサポートし、信頼される技術者になりたいと考えています。

その他

マキタの情報システム部門は転職者も多いため、入社してすぐに周囲と円滑な関係を築くことができました。また業務面でも、新卒、キャリア採用の分け隔てなくチャンスをもらうことができることは転職者にとって大きな魅力です。