ホーム > 採用情報 > キャリア採用 >転職者インタビュー > 生産技術部 生産開発課 I・Yさん

電装技術部

生産技術部 生産開発課 I・Yさん

 

今担当している仕事は何ですか?

板金・冷間鍛造を筆頭とした塑性加工技術の工法開発、他分野技術の工法開発に取り組んでいます。また、主に開発部門からの生産技術面の課題に対して、経験・解析等のアプローチで解決を図っています。

仕事のやりがいは感じますか?

社内において、塑性加工は未知の領域でありながら、私たちが考えた工法が製品設計に反映され、製品として具現化されると、やりがいを感じます。

マキタの魅力はどんな所にあると思いますか?

開発部と生産開発部との意見交流が多く、技術ノウハウが共有できる所です。また、一担当であっても、自己で企画立案して実行できる所です。

前職との仕事の違いに戸惑いはなかったですか?

前職の自動車業界とは異なり、新製品のリードタイムが短いため、部品の作り込みに携われる時間も短く、"『何を最優先にして、部品を作り込むか』を判断する難しさ"に戸惑いました。

マキタに転職して良かった点は何ですか?

生産技術面である私の考え・意見が、開発部に通りやすい点です。

前職の経験が生かせますか?

前職で培った塑性加工の知識・経験は、塑性加工技術の工法開発、他分野技術の工法開発に生かせています。

転職希望者に伝えたいことは何ですか?

異業種界から転職され、初見の部品・工法に戸惑いを感じると思われますが、今までの経験のみならず、『新しい事をしていこう』という気概のある方であれば、とてもやりがいがある職場です。

マキタに入ってから何かエピソードはありますか?

社外メーカーとの打ち合わせ・学術学会・展示会等から得られた様々な知識が、意外な場面で結びつき、新工法開発のブレイクスルーとして活躍しています。

マキタでどんな技術者になりたいですか?

マキタ製品の機能・価値を高めるために、生産技術者の立場から、既成概念に囚われることなく、様々な可能性を追求できる技術者になりたいです。