ホーム > 採用情報 > キャリア採用 >転職者インタビュー > 第2開発部 T・Hさん

電装技術部

設計管理部 G・Tさん

 

なぜマキタを受けてみようと思いましたか?

マキタ主力製品の電動工具を調べたところ、人が持って扱える製品が多くそこに興味を持ちました。構造としてもモータでメカを稼働させるという点で前職の経験がいかせるかもしれないと考え、受けてみようと思いました。

前職はどういったことをされていましたか?

前職では自動車空調用コンプレッサという製品の設計開発を担当しており、熱流体解析や構造解析などを用いながら軽量、コンパクト、高効率を目指し業務を行っていました。

経験をいかせていますか?

現状としては入社半年も満たないこともあり、まだ業務を覚えることで精一杯ではありますが、3Dモデリングや製図、強度や信頼性の考え方に関してはある程度経験をいかせていると思います。

前職との仕事の違いに戸惑いはなかったですか?

組織の構成や仕事の進め方が異なるので、自分でどこまでやるのか、どの業務をどこへどのタイミングでどのように依頼するのか、といった事務的なことを覚えることが多かったところに戸惑いはありました。

現在の仕事内容を教えてください。

新製品ハンマドリルの機械構造部をメインとし、製品全体の立案・構想〜部品設計までを主担当として任せて頂いています。その中で製品の形状検討や設計検証、データ分析を行っています。

仕事のやりがいはありますか?

直接人の手に持って扱って頂くことになる製品ですので、自ら作業者の目線に立って使い込み考える場面が多くあります。良い製品にするための設計・検討などにやりがいを感じます。

仕事の魅力は何ですか?

試作品を実際に自身で使い、フィードバックしながら開発を行えるため、モノを作っている実感が味わうことができます。そこが魅力と感じています。

職場の雰囲気はいかがですか?

会議や打ち合わせは会議室に集まり議論をするというより、タイムリーに数人で席に集まり議論をすることが多くスピーディーで活発な雰囲気があります。

マキタのいいところはどんなところですか?

配属後すぐに主担当として製品開発を担当させて頂きました。挑戦しがいのある仕事を多く任せて頂けて、そういったチャレンジングな雰囲気がいい所だと感じています。

マキタに入社して良かった点は何ですか?

これまで扱った経験のない機械要素に関して、知識がどんどん得られていることが実感できていて、日々充実していると感じる点です。

マキタに入社してからのエピソードはありますか?

仕事を進める上で多くの方と関わりますが、その中に転職者の方がいるとシンパシーを感じ、話が盛り上がり早く打ち解けられました。おかげで実務的にも潤滑に議論できるようになったエピソードがあります。

愛知で働く魅力はどんなところですか?

名古屋という都会がありながら郊外の奥三河には6等星まで見える愛知県の星の聖地があります。海にも面しているので都会と自然が楽しめるところだと思っています。
さらに中部国際空港があり公共交通機関の便も良いと感じているので、遠出をしたい方にはとてもいい所だと思います。

今後のマキタでの目標はありますか?どんな技術者になりたいですか?

まずは現在担当させて頂いている製品の量産化を目標にしています。
その上で経験を積んでいき、自分の考えた根拠を元にアイデアを形にし、より良い製品を生み出せる技術者になりたいと考えています。

マキタを目指している方へのメッセージ

自身が携わった技術開発した機構や製品を実際に使えるという面白みや魅力が完成品メーカであるマキタにはあります。
ご縁があればぜひ一緒に働きましょう。