ホーム > 採用情報 > キャリア採用 >転職者インタビュー > 量産設計部 量産設計3課 A・Kさん

電装技術部

量産設計部 量産設計3課 A・Kさん

 

今担当している仕事は何ですか?

金型を用いて成形する樹脂部品やアルミ、マグネなどの金属部品の立ち上げを含めた部品調達支援です。 安定した品質確保、コストの削減、納期短縮、つまりQCDを更に改善するために、主として、部品形状や金型構造の提案、新たな立ち上げ手法や仕組み作りを行っております。

仕事のやりがいは感じますか?

マキタでの製品開発期間は他業種と比べて非常に短い期間で製品を完成させます。その限られた期間の中で部品を完成させなければならず、プレッシャー感じる場面も多々有ります。トライアンドエラーを繰り返し、苦労して立ち上げた製品は思い入れが強く、市場や現場で担当した製品が使用されているのを見ると苦労して立ち上げた事に喜びを感じ、またやりがいを感じます。

マキタの魅力はどんな所にあると思いますか?

様々な部品に触れられ、学べる事が魅力だと感じます。マキタは電動工具であったりエンジン式園芸工具であったりと様々な分野で活躍するような製品を作っており、ここ最近ではロボットクリーナやコーヒーメーカーなど、新たな分野へも挑戦をしております。そのため、今まで触れたことのないような部品にも触れる機会が有り、部品の知識や、技術が身に付き、自身の経験アップへも繋がっております。

前職との仕事の違いに戸惑いはなかったですか?

マキタの部品は、電動工具と言う特殊な製品であるため、部品一つ一つが見映えだけでなくそれぞれ機能を要しており、その機能を満たすような部品の作り込みが必要です。入社当初は機能がわからず戸惑う場面が有りましたが、手順書があることや、周りの先輩方が教えて下さり、徐々に機能を一つ一つ理解することが出来ました。

マキタに転職して良かった点は何ですか?

やってみたいと思ったことへ挑戦させてくれることです。マキタでは、やってみたいと思ったことをやらしてくれる会社です。 そのため、市場の動向であったり、新技術情報をいち早く入手できるように、常日頃からアンテナを張るようになりました。また、前職と比較して、休日が増えたことや残業時間が少なくなったことで自分の時間が長く確保できるようになった事も良かった点です。

前職の経験が生かせますか?

前職においても金型部品の立ち上げを担っておりましたので、前職の経験をマキタの業務に生かせております。特に、業務の仕組みややり方については、マキタ流を見直すと言った機会も多く、キャリア採用者に意見を求められる場面なども多々有ります。そのため、マキタにおいては、キャリア採用者の前職の経験は非常に貴重な価値になっていると思います。

転職希望者に伝えたいことは何ですか?

転職者は出世することが出来ないと世間では言われますし、私自身もそのように考えていましたが、マキタでは、転職者も関係なく、評価してくれます。 頑張れば、頑張った分だけ評価をしてくれる会社だと思います。 その為、結果が評価に繋がるため、仕事へのやる気も湧いてきます。

マキタに入ってから何かエピソードはありますか?

マキタでは、上司や同僚と飲みに行く機会が多く有るように思います。飲み会の場では、趣味の話や私生活の話であったりとわきあいあいと話が出来る為、自然と飲み過ぎてしまい、次の日二日酔いなんて事も・・・。ですが、それだけ人間関係が良いからこそなのかなと思っております。

マキタでどんな技術者になりたいですか?

マキタに入社してこれまでに3D CADや非接触測定機の操作など、新たなスキルを身に着けました。上述にも述べたように、やりたいことをやらしてくれる会社です。これからも日々成長出来るように新たなものに率先して挑戦してゆく技術者となり、他社が真似することが出来ないマキタ技術を蓄積してゆきたいと思います。

その他

マキタでは、1年に1度、業績を残した部署にマキタ賞と呼ばれる賞が授与されます。2015年は、マキタ100周年での節目でしたが、その節目の年に我々の部署は、マキタ賞を受賞する事が出来ました。部署一丸となって取り組んだ成果が評価され、非常に嬉しく思いました。このマキタ賞の取り組みでは、各部署が新しいことに挑戦し、1年1年結果が出るように取り組んでおります。その為、どの部署においても新しいことに挑戦意欲が有る方を求めております。マキタへ転職を希望される方には、マキタで色々とチャレンジしたいと言う方を期待しております。