ホーム > 採用情報 > キャリア採用 >転職者インタビュー > 生産技術部 技術3課 K・Mさん

電装技術部

生産技術部 技術3課 K・Mさん

 

今担当している仕事は何ですか?

新製品組立ラインの立上げに携わっています。私は現在、組立ラインの治工具の設計から立ち上げを担当しています。複雑化する製品の組立作業を品質を損なうことなく、少しでも作業者の負担を減らせないか、少しでも治工具製作費を安くできないかを考え開発を行っています。

仕事のやりがいは感じますか?

自分が考え、検証した治工具を使って一つ一つの部品が組まれマキタの製品となり量産されていきます。その製品の品質をマキタで開発している治工具・設備で保証をしています。マキタブランドの品質を守っていると言っても過言ではありません。重要な役割である分、やりがいは非常に大きいです。

マキタの魅力はどんな所にあると思いますか?

常に挑戦をすることです。既存技術に満足せず、複雑化する製品構造と共に組立技術の向上を続けています。また、今のやり方に捉われず、より良い体制作りを行っているので、前職の知識や経験を取り入れてもらえるのも大きな魅力です。 また、自分が携わった製品がホームセンターに並ぶので、その光景を見ると充実感で満たされます。

前職との仕事の違いに戸惑いはなかったですか?

前職でも設備の設計を行っていたので戸惑いはありませんでした。業務の流れも標準化されているので、必要な書類作成もスムーズに行うことができます。 私は自動車業界で設計を行っていたので製品の違いはありましたが、生産工場がすぐ近くにあるので自分の目や耳で現場の作業が見れ、作業者の声を聴くことができる環境のおかげだと思います。

マキタに転職して良かった点は何ですか?

製品の組立ライン立上担当は基本一人で行います。設備の構想やスケジュール管理など、自身で決めて進めていきます。だからこそやりきった際の充実感・達成感は言葉にできません。先に述べたように生産現場がすぐ近くにあるので、作業者の方から「この治具(設備)すごく使い易いよ」「作業が楽になったよ」と言ってもらえると胸が熱くなります。

前職の経験が生かせますか?

前職で対象としていた製品は違いますが、設備立ち上げの流れは同じです。過去の知識・経験で、どこの機械構造を見直せばよいか、何を検証すればよいか、マキタで新しい取り組みを行う際にも自身が行ってきた経験談を伝え、生かして行くことがマキタをより発展できると考えています。

転職希望者に伝えたいことは何ですか?

マキタは100年という歴史のある会社です。しかし、過去の実績・やり方に捉われず常に新しいことに挑戦することを求められます。この考えは転職者にとって大きなチャンスと言えます。今までの知識や経験を発信し、マキタの技術と組み合わせることでより良い物を生み出す、そういった気持ちを持つことが必要です。

マキタに入ってから何かエピソードはありますか?

前職で3D-CADを使っていたため、講師として未経験者へのCAD教育を行いました。そういった経緯もあってか、全く面識のなかった方からも問い合わせの電話をいただいたり、お話しをする機会を得ることができたのでコミュニケーションの輪が広がりました。

マキタでどんな技術者になりたいですか?

常に挑戦を続けるマキタでは一丸となって技術向上の取り組みを行っています。その中で、自身のスキルを磨き、技術で伝えることができる技術者になりたいと思います。マキタは海外にも多くの拠点を持つグローバル企業です。世界の工場に対しても技術で引っ張って行きたいです。