ホーム > 採用情報 > キャリア採用 >転職者インタビュー > 生産管理部 S・Yさん

電装技術部

設計管理部 G・Tさん

 

なぜマキタを受けてみようと思いましたか?

業界をリードしており、常に成長し続けている企業に身を置くことで自身の成長につながると思ったからです。また、前職も完成品メーカーの社内SEとして従事していたため、経験がいかせると考えました。

前職はどういったことをされていましたか?

工作機械メーカーの社内SEとして、情報システム部門へ所属し、基幹システムのリプレースプロジェクトに携わっていました。主に開発の上流工程の、要件定義、基本設計を担当し、システム導入後の保守・改善についても担当していました。

経験をいかせていますか?

取り扱う製品やシステム、社内の文化の違いはありますが、いかせています。
特に要件定義や現状調査の場面で、直接システム利用部門とやり取りする際の確認するポイントや、提案の仕方など、共通する点が多くあると思います。

前職との仕事の違いに戸惑いはなかったですか?

前職では、PCや無線環境など、社内インフラに関わる部分は他部署の管轄だったため、担当する業務範囲の広さに初めは戸惑いを感じました。しかし、新たな知識を身に付けるチャンスだとプラスに捉えることができたため、今では戸惑いはありません。

現在の仕事内容を教えてください。

主に生産本部の各部門に対し、付帯作業の効率化、簡素化を目的としたシステム導入に携わっています。これまでは直接部門に対するシステム導入がメインでしたが、今期より間接部門も対象範囲に加え、生産本部全体の業務効率アップを目指し、日々業務に従事しています。

仕事のやりがいはありますか?

製造現場の距離が近いこともあり、導入後のシステム利用者の生の声を聞くことが出来るという点で、やりがいを感じます。また、まだまだ昔ながらの手法で行っている業務が多くあり、改善点が多くあるという点でもやりがいを感じます。

仕事の魅力は何ですか?

導入したシステムを有効活用してもらい、業務効率が上がることで、間接的ではあるが会社に貢献できたと実感できる点です。システム利用者からの「助かった」「ありがとう」などの声も励みになっています。

職場の雰囲気はいかがですか?

システム部門と言われるとデスクワークで黙々と作業するイメージを持たれることも多いと思いますが、製造部門との意見交換・現状調査などで実際に現場へ足を運ぶことも多く、活気が溢れる職場です。

マキタのいいところはどんなところですか?

社員個々の業務に対する改善意識が高い点と目標に向かって組織一丸となって業務従事している点です。
特に、既存のやり方に捉われずに改善する意識を社員全員が持っている点がいいと感じました。

マキタに入社して良かった点は何ですか?

業務範囲が広くなったため、さまざまな知識を新たに習得することができ、自身の知見が広がった点です。
また、マキホリなどの余暇を有効活用し、前職在籍時と比べワークライフバランスが充実するようになり、家族との時間が増えた点です。

マキタに入社してからのエピソードはありますか?

入社1カ月以内に、経営層に対しプレゼンする機会があったことです。前職では、一般社員が経営層へ直接プレゼンする機会が与えられることはなかったため、経営層との距離の近さに驚きを感じたました。それ同時に、自身の取り組みについて直接説明する機会が与えられることはチャンスだと感じました。

愛知で働く魅力はどんなところですか?

車で少し移動すれば、山や川、海があり、自然豊かな点が魅力だと感じます。また、スーパーや大型ションピングモールへは車で行くことができます。

今後のマキタでの目標はありますか?どんな技術者になりたいですか?

さまざまな部門の業務知識を身に付け、多角的な視点から改善案を提案できるようになること、またグローバルな視点を持つことで、マキタグループ全体で利益教授可能なシステムをスピード感をもって導入できる技術者を目指しています。

マキタを目指している方へのメッセージ

マキタでは経験したことがないからできないのではなく、前向きに新たなことにチャレンジしていく姿勢が求められます。積極的に新しいことへチャレンジできる環境なので、このことを前向きに捉えられる方にはいい環境だと思います。