ホーム > 企業情報 > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス・倫理指針

経営内容の公正性と透明性を高める

当社は、様々なステークホルダーと共に永続的発展を図ることが最重要課題と考えており、その実現のため経営姿勢/品質方針を掲げ、コーポレートガバナンスの強化・充実に取り組んでいます。このような観点から、経営の透明性向上と経営のチェック機能の充実を図るとともに、積極的かつ迅速な情報開示に努めることにより、経営内容の公正性と透明性の維持・向上に取り組んでまいります。

< 関連資料 >

定款 PDF/152KB
株式取扱規程 PDF/115KB
コーポレートガバナンスに関する報告書 PDF/239KB

コーポレートガバナンス


コーポレートガバナンスについてはこちらをご覧ください。


倫理指針

マキタグループは役員及び従業員の行動指針となる、倫理に従った行為、利益相反の禁止、関連法規の順守、適切な情報開示などを示した「倫理指針」を定めております。

倫理指針

  1. 誠実的で倫理に従った行為と利益相反の禁止
  2. 法令、規則などの遵守
  3. 完全、公正、適時かつわかり易い情報開示
  4. 倫理指針違反の場合の責務を負う
  5. 企業倫理ヘルプラインの設置
  6. 倫理指針の適用を免除する場合の承認等

全文はこちら